子育て

2019年7月 6日 (土)

ブルーベリー農園中村園オープン

本日飛田給のブルーベリー 農園中村園がオープン!

早速朝8:00に家族で狩りスタート。

昨年は気候が暑すぎて農園が予定より早く終わってしまい行けなかったので、今年こそはと張り切って参りました。

33d07c3c219e462885c5ed6aa68b9ed1

素人家族なので目にとまるものをボロボロとカゴに入れまくり娘もなかなかいい手つきで狩っておりました。

約2㎏ゲット。

気が済んでパック詰めしようと向かった先におばあさま軍団が先にお見えになっていて、狩ったブルーベリー を拝見しましたところ、なんとまぁびっくりするほどの大粒ばかりがカゴの中に入っておりました。

夫が、「プロやな‥」と呟いておりました。

段差を1つ降りるにも難しいおばあさまが、大粒の実ばかりを見定めるとはおそるべし眼力。

私も来年は大粒を狙い定めて行きたいと思います。今年でもいいけどもう2㎏あるし、そんなにいらんし。

まずは2㎏もどうするのか‥。冷凍とかジャムとかかな。

763fbe3ee03b4dddbe0d0356178a32b0

娘はあまり好きではないようなので、メインは私で消化したいと思います。

ちょうど老眼も進んできた頃ですのでブルーベリー で若返ります。


ここはものすごく昭和の香り漂うご主人がいらっしゃり、ハウスに入る際、清掃に協力するようにと怒られる感じで言われたり、(誤解のないように補足。実際は怒ってはいません。どなたに対しても同じようにお話しされています。怒っているように聞こえるだけで怒っていません。大丈夫です(笑)。)オープンの案内は現地のノートに名前と住所を書いた人だけにハガキを送るというやり方です。電話での申し込みはできません。

ネット?

おやりにはなっていないようです。

ハガキです!



夏が始まりました。皆さん体調を崩されませんようにくれぐれもご自愛くださいませ。


:::::::::::::::::::::



763fbe3ee03b4dddbe0d0356178a32b0763fbe3ee03b4dddbe0d0356178a32b0

2019年6月17日 (月)

家族お揃いの帽子

家族お揃いの帽子を母に作ってもらいました。

柄的に夫の分はどうなんだろうと思いつつ、作ってもらったら意外にイケル!

夫はキャスケット。私はつばが大きめ。

8f33cee55a494c0aab05bc05f089bcf5

 

娘たちの帽子は首の後ろに日よけをつけてもらいました。

68c9908c4cb344d19b1206aa3e866057

 

最初で最後の次女登場!

Img_4345

この夏はお揃いしまくれそうです💓

2019年5月31日 (金)

抱っこひもを比べてみました

抱っこひもを比べてみました。

比べるのは4つ。

 

◆1つ目。いわゆる抱っこひも。メーカーはエルゴベビーベビービョルン等、リルベビー、アップリカいろいろありますが、今回はこのような形のものをひとくくりとします。

最近の抱っこひもはどこのメーカーもすごく良くできているのであまり大差はないとも思われます。

よく言われるのは、エルゴは男性とも兼用ができるくらい大きめのつくりで、ベビービョルンは小柄な方やなで肩の方にお勧めのようです(あくまで私の周りの噂話です。)

 

◆2つ目。ラップ系です。メーカーはまたこれもたくさん出ていて挙げきれないのですが、今回は北極しろくま堂の兵児帯

 この後の3つ目もラップ系ですが、違いは生地が伸びるか伸びないか。兵児帯は「帯」という名の通り伸びません。

 

◆3つ目。ラップ系です。ボバラップ。生地が伸びる。

 

◆4つ目。1と2の中間。コニー。ラップの巻いた形が完成形でできています。今回こちらを購入して数日使ってみての感想。

 

さて、これら4つを全部試した結果を一度まとめてみたら皆さんのお役に立てるのではないかと思いました。あくまで、身長164cm肩幅広めの個人の感想です。

 

 

【抱っこひも】

▼メリット

装着が簡単。

パパママ兼用できる。

比較的丈夫。

赤ちゃんが寝たときヘッドレストがついている(一部の抱っこひもにはないものもあるようです)。

おんぶができる。

▼デメリット

4つの中では平均的にお値段が高い。

これ自体が重い。かさばるので持ち運びに不便。

肩がこる。

 

 

【兵児帯】

▼メリット

赤ちゃんの真ん丸な形に生地が沿うので赤ちゃんに負担が少ない(と思われる)。

肩を覆うので赤ちゃんの体重が分散されママへの負担が軽い。

自分の体形に合わせられる。

ファッション性が豊富。

軽い。小さくたためる。

ただの布なので、肌掛けや日よけにもなる。

おんぶができるが慣れが必要。

▼デメリット

赤ちゃんの大きさに合わせてあらかじめすき間を考えて装着しなければいけない。

長いので外で着脱は難しい。時間がかかる。

肩を覆っているので腕を上げづらい。上着を着づらい。

赤ちゃんが寝た時にヘッドレストがない。

 

 

【ボバラップ】

▼メリット

生地に弾力があるので兵児帯より赤ちゃんの丸い体に沿うので赤ちゃんの負担が少ないと思われる。

肩全体を覆うので赤ちゃんの体重が分散されママへの負担が軽い。

自分の体形に合わせられる。

赤ちゃんはよく寝る。

たためてバッグに入るが兵児帯よりかさばる。

外出先での肌掛けにもなる。

▼デメリット

生地が伸びるゆえに装着時の締め具合の調節に慣れが必要。

長いので外出先での着脱は難しい。時間がかかる。

肩を覆っているので腕を上げづらい。上着を着づらい。

赤ちゃんが寝た時のヘッドレストがない。伸びるので小さいうちはラップの中に入れられるが夏は暑いので不向き。

 

 

【コニー】

▼メリット

装着はTシャツのように被ればいいので簡単。(購入当初は少々きつく感じますが4~5日使用すると伸びてきます。)

薄い。かるい。生地は伸びないが赤ちゃんの丸い形に添うような形になっている。

たためてバッグに入る。4つの中では一番コンパクト。

肩を覆うので赤ちゃんの体重が分散してママへの負担が軽くなる。

たくさんの色がありファッション性がある。

追記6/17:抱っこひも常用で肩こり腰痛が気になったため、しばらくコニーを使用。→症状は大分軽くなりました。やはりラップされている方が肩腰への負担は軽く、また、上の子がいる場合できるだけ支度も簡単にしたいのでコニーが重宝しています。

 

▼デメリット

購入する際のサイズが分かりづらい。

男女兼用できない。

肩を覆うので腕を上げづらい。上着を着づらい。

赤ちゃんが寝た時のヘッドレストがない。布が伸びないのでラップの中に入れるのは難しい。

おんぶはできない。

 

抱っこひもはやはり皆さん一つはお持ちだと思います。

悩むのはセカンド抱っこひもなのかなと。

私も「不動のセカンド」を求めていろいろ購入してはみましたが、やはり一長一短なので、セカンドには何を求めるかで選んだ方がよさそうです。

 

【まとめ】

★抱っこしている間に赤ちゃんが寝てしまうのなら抱っこひも。

★肩こり腰痛が酷くて抱っこが辛いならラップ系。 

 ★ここ数年の猛暑に対応するのならコニー。ベビーカー使用時に持ち運ぶならコニー。

  

あと、抱っこひもの付け方ですが、骨盤あたりでベルトをつけている方をたまに見かけますが、ウェストで締めた方が肩や腰への負担が軽くなりますよ。赤ちゃんはなるべく上の方にいた方が楽です。

 

たった1年するかしないかの抱っこひもですが、ママの体にとっては決して侮れないアイテムですよね。でも、本当につらい時はベビーカーにしてみてくださいね。まずはママが健康じゃないとね。 

 

 

 *気がついたら随時追記していきます。

 

 

 

 

::::::::::::::::

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月22日 (水)

命名~ネームリーディング~

次女の命名は、長女の時と同様にネームリーディング杏梨さんにお願い致しました。

 

ネームリーディングとは何ぞ?

 

聞きなれない言葉ですが、素人の私から言わせていただくなら、名前は文字と音で表現するものとした場合、

 

文字は画数を数えればいいのですが、

 

多くの場合、名前は呼んだり名乗ったりするものではないでしょうか。

 

なので、音の響き=波動というジャンル?からもみるという方法のようです。

 

まだよくわからない…。

 

我慢して読み進めてもらえるともうちょっとわかるかもしれない…。

 

 

 命名していただくにあたり、私たち夫婦の希望をお伝えし、いくつかの候補を挙げていただいて最終的に夫婦がその中から決めるという形です。

 

杏梨さんとのやり取りの中でどんな風に育ってほしいかという希望をお伝えするのですが、親として挙げたらキリがありません。

 

ありませんが、

 

考え抜いた末、

  1. 他人に依存せず、自立し、リーダーシップが取れる  
  2. アイデア、創造力 
  3. スポーツができる

 

そんな風に生きられたら人生なかなか楽しいのではないかと思いました。

 

今回は、同画数同音の名前を含め多めに候補をいただき、楽しみながら選びつつ、候補の多さに迷ってしまう贅沢な妊娠生活を送っていました。

 

最終的に次女には

  • 総画41画
  • 地画21画
  • 人格17画
  • 外角24画

 

強くたくましく、才能・人望・行動力を兼ね備え、対人運24画の愛されキャラの画数を選びました。

 

そして、よくわからない「波動」ですが、実は私もよくわかりません。

 

わかりませんが、

  • 技、手に職で独自の運を切り開く
  • 多くの人が集まる、囲まれる
  • 豊かな感受性を生かす
  • 教える、導く
  • 自分の世界観を大切にする

 

といった性格的なものを選びました。

 

希望通り。

 

ただですね、

 

ここまで言っておいてアレですが、名前が全てではないとは思いますよ。

 

逆に名前が全てだったらある意味つまらない人生ですよね。

 

だってわかっちゃっているんだもの。

 

わかっちゃっている人生なんかない。

 

名前は一つの要素としてとらえ、本人の置かれたすべての環境から本人の人生が成り立つものであることは当然認識しております。

 

そのうえで、少しでもその環境というものを整える一つの手段として、もしかしたらおまじないかもしれないけども、でもより素晴らしい人生を送ってもらいたい親心としてつけました。

 

 

 

実は私も過去に「池田浪」としてのネームリーディングをしていただき、いろいろ腑に落ちた経緯もあって、長女次女共に杏梨さんにご尽力いただきました。

 

 

新姓になって変化があることは間違いなく、3年が経過していますのでそろそろまた見てもらいたいなと思っているところです。

 

仕事は池田でやっているので少々新姓の影響に時間がかかるもののようです。

 

そうそう、新元号「令和」についてもリーディングなさっていますよ😃

 

 

 

 

 

 

 

::::::::::::::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月12日 (日)

母の日

母の日でした。

今まで『母の日』とは自分がプレゼントをするものと思っていました。

が!

パパと散歩から帰ってきて玄関を開けると小さくてかわいい女の子が花を差し出してくれました。

B13930eb6c3547beacd6aea5c627c622 

 

あぁ、こういう気持ちなんだ、母の日って❤️。

 

 

 

::::::::::

 

 

 

 

 

 

2019年4月24日 (水)

おねしょ対策

この4月に長女が無事3歳児クラスに進級いたしました。

 

3歳になったのと進級が同時期の為、モチベーションが上がり急にお姉さんになったように思えます。

 

薄毛だった髪の毛はかろうじて編み込みができるようになり、階段は足をそろえることなく一歩ずつ上り、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになってきました。

 

Img_3378

 

クラスでは最低月齢なので、母としては心配なところもあるのですが、彼女自身負けず嫌いなところもあり、やる気もみなぎっていて、むしろやりたいことが多すぎて下着を着ずに先頭軍について外遊びに行ったり、トイレに行ったふりをして遊んでいたりして後でトイレに間に合わなくなったり。

 

心配いらないようです。

 

 

さて、お姉さんパンツですごして2ヶ月ほど。

 

失敗することもたびたびありますが、都度「お漏らしする人はプールに入れないんだって」と伝え、昨年の大好きなプールの写真を見せたり、先日新調した水着を着せたりしてモチベーションを上げて改善に促しているところです。

 

そして昨夜から夜のおむつ外しに着手し、おねしょズボンとおねしょシーツのW使いで挑みました。

 

92890_1

 

本人は緊張していたせいか、漏らすことなくお朝を迎えられました。ビギナーズラック!

 

気長に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

::::::::::::::::

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月25日 (月)

長女3歳になりました

一昨日、長女が3歳になりました。
この数日前から、夕飯の支度中に「おてちゅだいしたい」と申し出てくれて、それから毎日やりたがります。
何を手伝ってもらうか逆に考えなきゃいけないことが増えて、夜のこの時間が一番の脳のフル回転なのですが、レタスをちぎったり、枝豆をむいたりのサラダ作りを担当してもらうことにしました。
今後しばらくはレタスと枝豆は常備野菜確定です。
レタスは順調にちぎれるのですが、枝豆は本人が好きなこともあって剥きながら食べてしまい、両親の分が各4粒くらいしかなかったり、ゆで卵も黄身だけ抜き取りパパの分も食べてしまって、夕飯の時にはお腹がいっぱいという着地をしてしまいます。

そんなにたんぱく質を摂ってどうなりたいのか。。。


そして、年齢的にもおむつを外す時期ですが、実は私自身、そのうちに…なんて悠長にしていたところ、なんと今夏におむつが取れていない子はクラスの子と一緒にプールに入れないというハードルが立ちはだかり(プール自体には入れます)、母心としては、そんな事はあってはならないと思い先月の中旬からトレーニングパンツ(通称お姉さんパンツ)をあわてて購入。
夏に間に合うかな…と思っていたら、結構あっさり1ヶ月もしないうちに日中はほぼ失敗することなく園で過ごしている模様。
機能的に、おしっこをためるタンクの容量がある程度出来上がっていると思われ、あとは本人の感覚次第という、むしろトレーニング待ちの状態だったかもしれません。


本人もお姉さんパンツが気に入っているようなのでプールには間に合ったようです。
ですが、家にいるときはのんびりしたいのか紙パンツを選び過ごしています。もうしばらくは紙パンツのお世話になりそうです。

3歳は乳児と幼児の間で、うちの長女は3月のド早生まれ。
親としては常に絶対評価(表現が微妙ですが)をしているのですが、社会で生きていく以上は相対評価もそれなりにされるわけで、その時に無駄に悲しい思いをさせたくないと思うのは親心。
卑屈ではなく前向きに「私は私のペース」で過ごしていけるように見守りたいと思います。



:::::::::::::::::::::::::::::::

続きを読む "長女3歳になりました" »

2019年2月26日 (火)

縦じわと横じわ

先日次女の一ヶ月検診を終えました。

 
そして私の血圧も大分落ち着いてきました。
 
もともと頭痛持ちなのですが、出産後から度々頭痛が起き脳神経外科で初のCTスキャンも経験してきました。
 
結果は異常なし。
 
おそらくは、
 
 
高血圧+睡眠不足→頭痛→高血圧+睡眠不足→頭痛
 
 
のループにはまってしまったのでしょう。
 
元々私は、全て自分でやったる!!という性分で、人に物事を投げるのが下手なのですが、さすがにこのままでは
 
私は倒れる→家が回らない→家族が困る→私ストレス
 
の大惨事になりそうだったので、夫にも家事育児を手伝ってもらうことにして、そこからスルスルと血圧が下がっていきました。
 
私自身無理している自覚がないのですが、ちょうどいいころに友人から電話が入り
 
「浪ちゃん、そんなの無理だよ」
 
と言われました。
 
私のような無自覚人間にはやはり助言してくれる人が必要なのかもしれません。
 
でも、
 
でも…。
 
女性は少なからずみんなそうなのかもしれませんよ。
 
自分がやらなきゃと思うのは母性からくるものですし。
 
でも、
 
2人目は無理!
 
無理なんですよ。
 
専業主婦だろうがなんだろうが。
 
夫は疲れて帰ってくるんだろうが。
 
無理なんだから、やっぱり助けを求めなきゃいけないと思いました。
 
ママの顔は縦じわではなく横じわでいたいですからね。
 
夫もね、仕事から疲れて帰ってきて大変だとは思います。
 
しかし!
 
帰ってきて家事育児をするのと、
 
妻の縦じわ入りの不機嫌顔を見せられるのだったら。
 
どうでしょう。
 
前者の方が断然いいでしょう。
 
妻は機嫌がいいほうがいい!
 
きっとそうだ!
 
今日も機嫌よく過ごすことを課題に夕飯の準備でも始めましょう。
 
 
 
 
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
 
 
 
 
 
 

2019年1月23日 (水)

1/10(木)0:16

こんにちは。
 
ご報告が遅くなりました。表題の通り1/10(木)0:16に無事次女を出産しておりました。
 
陣痛が来てから出産まで1h30minのスピード出産でした。
 
2人目は早い事は頭にあったので「何分間隔」等と悠長なことは言っていられないと思い、陣痛だと思ったら間隔がなくても病院へ行こうと思っていましたが、正解でした。
 
昼間から前駆陣痛は来ていたのでそう遠くはないと思いましたが、一発目の「陣痛」で病院へ電話をしすぐに向かいました。
 
自宅から近い病院でしたのでギリ間に合ったような感じです。
 
前々から、検診のたびに「無痛分娩」を主張してきたのですが、当時血圧が200を超えており、お産が思いのほか早く進んでいたので硬膜外麻酔が間に合わず、不本意ながら普通分娩での出産となりました。
 
長女は硬膜外麻酔で出産していたので、絶対に二人目もと心に決めておりましたが、次女がそれを許してくれませんでした。
 
親に厳しい子です(笑)。
 
ともあれ、血圧のこともありましたので、この出産の方法がベストだったと思います。
 
出産は本当に何があるかわからないものですね。
 
そんな中無事に出産を終えることができ、支えてくれた夫にも、娘にも、母にも感謝です。
 
出産から2週間がたち、寝不足と不慣れな二人の育児にてんてこ舞いですが、なんとか楽しく過ごしていく方法を試している最中です。
 
 
 
 
 
 
 
 
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2018年8月 2日 (木)

第2子妊娠しました

こんにちは。毎日毎日暑いですね。

外にいるときの暑さも耐え難いですが、帰宅してからエアコンのスイッチを入れ、部屋が涼しくなるまでのあの時間が猛烈に辛いです。
さて、現在私は第二子を妊娠中でございます。
42歳で妊娠するとは思っていませんでした。
これまで、やはり40歳過ぎると妊娠てできないものだな~と、冷静に感じていましたが…。
ま、しないわな。普通普通。と思ってきましたが…。
しますね、しますね。
 
私の人生のピークがかなり後半に持ってこられていることに、わりとワクワクしています。

二人目を妊娠した時に、人生観がまたガラッと変わりました。
不思議なものですね。
長女を妊娠出産した時、私はとにかく元に戻りたかった、またあそこに戻るべきだ!と思っていました。
妊娠前と比べていろいろなものが変化して、自分の努力で元に戻せるものはこのスタジオしかない!と思って、とにかく続けることが私の居場所だと思ってきました。
それは決して間違いではないし、あの時はそれが正しかったと今でも思います。
でも、この約3年間、少しずつ「家族」が育ってきて、同時に「自分」以外に守りたいものが育ってきたように思っています。
 
子供を授かるまでは、自分のやりたい事をやりたいだけ存分に楽しんできましたが、2人目を妊娠して、「家族」をどう楽しむかを、常に思うようになってきました。
 
少し池田浪が変化しました(笑)。
 
仙川のスタジオを一旦閉じます。
そして、自宅で改めて開業します。
これは、決して退くつもりではなく、モチベーションが下がったわけでもなく、むしろその逆だと確信しています。
約10年前、突然大きなマンションを借り、大きなマシーンを買い、どこからでもかかってこい!的な要塞を築きました。
当時はそれが流行っていましたしね。
そして今10年を経た中で、本当に大きなものを、多くのものをお客様から、関係各位から学ばせていただきました。
そのうえで、今の私には、
 
大きな施設がないと通用しないのか、
大きなマシンがないと通用しないのか、
おしゃれな街でやらないと通用しないのか、
 
自問自答するタイミングでもありました。
私がやりたいと思うことから、私自身が今後どうなりたいのか少しずつ考え、きっとそこにたどり着けるだろうことを始めたいと思います。
私は生まれながらに運がいいので(笑)、きっとできると思います((∀`*ゞ)エヘヘ)。
すこし?大分お客様や関係各位にはご迷惑をおかけいたしますがどうぞ今後もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

より以前の記事一覧

ツイッター

  • 浪さんのツイッター

マタニティ産後ケアスタジオせんがわメディア紹介

  • Media
無料ブログはココログ