« 壊れるように設計 | トップページ | 金環日食な話題とトラ »

2012年5月13日 (日)

松涛カフェ&外国人執事喫茶バトラーズカフェ

午前中はいいお天気でしたね。

今日は松濤と神山町の地をエセセレブ散歩してから松涛カフェで友達とお茶。(食べログ)

Dsc_0126

鬼盛りっ!

基本はシフォンケーキと、これをバタートーストしたものに各種トッピングをしていくものです。

バタートーストは魅力的だけど、多分それやったら凄まじいカロリーになる事は間違いなし。

シフォンケーキベースにしておきました。

私は、チョコレートソース、バナナ、バニラアイスでした。

友人はあずき。

シフォンケーキはフンワフワでアイスもそれぞれがくどすぎずとってもおいしい。バナナも惜しげなく乗せてあるし、文句なしの鬼盛りです。

故に…。

全部は食べきれませんて。

無理すれば食べられますが、基本的に食べ物を無理して食べる主義はないのでちょっぴり残してごちそうさまでした。

行く価値はありますよ。皆さんぜひぜひ。

渋谷の東急本店前です。

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

さて、お次は、お友達がもう一人加わり、バトラーズカフェへはしごでございます。 (食べログ)

外国人執事カフェです。

何やら秋葉系の香りが漂うこの感じ…(笑)

初めに不思議オーラを出すオーナー的な日本人男子が出迎えてくれたと思ったら、奥からコロンビア人(アレハンドル)、フランス人、イギリス人(リチャード)のバトラーズがお出迎えしてくれるじゃないですか。

今回は特別にプリンセスルームを予約しました。

席に通されたらまず日本人男子がカーテンの隙間から、やれ携帯でバトラーズを撮っちゃだめとか、自分撮りもダメとか、呼ぶ時は鐘を鳴らすとか、声で呼ばないとか、トイレに立つ時も鐘を鳴らすとか、いろいろ口うるさく小言を言われました(笑)。

その後、コロンビア人のアレハンドル(←お名前です)が、メニューの詳細を長々とすべて英語で説明してくれました。

コース料理から、メインアラカルト、サラダ、デザート、ドリンクを片っ端から英語で説明。

一切横やりを受け入れず。

ワードをチョイチョイ拾いながら大体は聞き取れていたのもつかの間、もうね、途中で物凄い睡魔に襲われましたよ。

「もういいよ、メニュー表だけ置いて行ってください。後は各々読みますから。全部説明する気かぁ~。」

と叫びたくなりました。まぁ、イケメンだから顔だけ見つめていましたが。

で、結局全部説明されました。

プラス、追加料金で2時間制の延長やお姫様だっこも付けられるよ。プラス1,000円でお気に入りバトラーと写真が撮れるよみたいな説明をされましたが、いらんて(笑)。

一緒に写真撮るほどじゃないでしょうに…。

注文が決まって鐘を鳴らすと、

『イエ~~~ス!マ~~~~イプリンセ~~~ス!』

とバトラーズが声をそろえて叫びます。

さながら

『はい!よろこんで~~~~!』

なノリでしょうか。

居酒屋か!

ちなみに、客をプリンセス、プリンスと呼びます。

料理が出てくるまで、バトラーズが入れ替わり立ち替わりお話相手をしてくれます。

でも、あまり調子に乗って話を膨らませると途中で逃げられます。

全くさじ加減がわかりません。

Dsc_0131

右二つがレッドチェリーのハーブティ。これ美味しかったですよ。

左が普通の紅茶。

右奥にあるのが例の鐘です。

あれをリンリンと鳴らした後、バトラーがこちらに気が付くまで持ち続けなければなりません。

Dsc_0136

さて、メイン料理です。

コースでも良かったのですが、あいにくコレの前に松涛カフェで鬼盛りを食したせいで正直何も食べたくないのですが、こちらではお一人様2品以上の注文がお約束になっております為、こちらをチョイス。

料理自体は普通なのですが、こちらを見て!

Dsc_0135

下の皿にプリンス&プリンセスの名前がチョコレートで書いてあります。

バラの画を添えて。

更には!!

Dsc_0133

プリンセスの頭にティアラが!!

見えます?

何をやってるんだワタシ。

と思いつつもまんざらでもない。

食事中も執事ーズ…、いやバトラーズがプリンセスのお話相手をしに来てくれます。

めいあいあすく ゆあねいむ ぷりーず

と尋ねるも、返ってきた名前を聞き取れず、結局何度も聞いてしまい、果てにはアルファベットで確認。

日本語にない発音で苦しみました。

BGMはクラシックでしたがリラックスする事は到底無理です。

トイレへ行く際、例のごとく鐘を鳴らしますが、なんと!トイレまでの道のりを手を取ってエスコートするではないですか。

ここはエスコートのタイミングなのかと不思議な気持ちになりましたが、できる事はとことんやる姿勢は受け止めました。

メインが終わると、執拗にデザート類やオプションの御姫様だっこを勧められましたが、いらんて。

何の意味があるのかわからない。

何で抱っこなの?

されたいの?

世の中の女子はお姫様だっこが好きなの?

羞恥プレイにしか思えないのは私だけ?

そんなわけで、プリンセスとして固辞いたしました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

全体的にはすごく、いいと思いました。

たまにはこんな空気感で食事するのっておもしろい。

皆さんも、ぜひアミューズメント感覚でお越しになってはいかがでしょうか。

 

 

最後に、「次回プリンセスがお戻りになった際にはぜひお写真を…」

と勧められましたが。

「お戻りになった際」と「お帰りなさい、ご主人さま」な秋葉系な香りが館内に漂いました。

いつもどろうかなぁ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 壊れるように設計 | トップページ | 金環日食な話題とトラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ツイッター

  • 浪さんのツイッター

各グループレッスン

  • あくろす教室毎週火曜日9:45~11:30
  • 武蔵野大学付属産後ケアセンター桜新町毎週水曜日
    Scsakura
  • マタニティアクア ティップネス三軒茶屋店毎週土曜日10:30~11:30
    Maternity
  • フィットネスクラブティップネス
    Tipness

マタニティ産後ケアスタジオせんがわメディア紹介

  • Media
無料ブログはココログ